名刺ケース作り開始!

2018年6月21日(木) レザークラフト工房 活動内容
課題:名刺ケースを作る
講師:高見澤篤先生

今回から新たな品目にチャレンジします。
ペンケース作りで学んだ一枚の革を袋状にする縫い方と、ペンカバー作りで学んだ曲線の切り出しの技術を合わせて作製します。
さらにポンチ穴を空けたり間単なステッチを施す部分もあり、盛りだくさんな内容となっています。
今回は練習なので革の手触りを良くする仕上げ剤等は使用しません。

全体の流れは以下の通りです。

1.型紙を使って革に型をふち取ります。

ポンチ穴部分にも印を付け、それを繋ぐ曲線を引きます。

2.縫い始めと終わり、ステッチ部分に目打ちで印を付けます。

3.革の両側面のみ切り取り、上下の曲線はまだ手を付けないでおきます。

4.側面の目打ちの印を繋ぐ様にねじ捻で線を引きます。

5.線を引いたところに菱目打ちで穴を空けていきます。

ポンチ穴も空けます。

6.上下の曲線とポンチ穴を繋ぐ曲線を一気に切り取ります。

7.ステッチ部分を縫います。

8.最後にレーシングポニーを使って側面を縫い合わせます。

以上で練習版は完成です。

何回も練習して少しづつ上達していきましょう!

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください