ペンケース作り

2017年11月09日(木) レザークラフト工房 活動内容
講師:高見澤篤先生 製作物:ペンケース

赤・オレンジ、ベージュの革から1枚を選び、型紙を使って切り出すところから始めました。

まず髙見澤先生に切り出し方、菱目打ちを打つ位置についてレクチャー頂いたあと各々作業に取り掛かりました。
赤など柔らかい革を選んだ何人かのメンバーは切り出すのに悪戦苦闘。革がふにゃふにゃと動いてしまうため、なかなか切れずに一苦労しました。

切り出した後は両脇の縫い位置に沿って菱目打ちで穴あけ作業。工程の中でこの作業が楽しいというメンバーも。

菱目打ちの作業が終わったら、革の色に合わせて糸を選び、今回も並縫い技法で縫いました。

早い人は縫いの作業まで終了。髙見澤先生からペンケースの形を整えることを教わりました。
ちなみに形を整える作業の工程とは、水を含ませたスポンジで革をしめらせ、新聞紙をペンケースのポケット部分に入れて自然乾燥させる、です。
革は水分を含ませると伸びるという性質がわかりました。

完成です!

Leave A Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です