ペンカバーづくり開始!

2018年1月18日(木) レザークラフト工房 活動内容
講師:高見澤篤先生 課題:ペンカバーを作る

練習用のペンケースは直線縫いでしたが、今回から曲線を切り出して縫うペンケース作りへとバージョンアップします。

全体の流れは以下の通り。

1.型紙を使って革を切り出す。

曲線を切るときは曲線に沿って切るのではなく、直線で切りながら削り出すように曲線を出す。-断面が水平になるように切り出すことができる。

切り出すとこんな感じ。この段階でどんなペンカバーなのかわかるかと。

2.切り出した革の片面に菱目打ちで穴をあける。
曲線の部分は2本菱目打ちで穴をあける。
両面とも最初に穴をあけてしまうと、穴の位置にズレが生じて縫う際に糸を通せなくなる。

穴明け終了。

3.縫い位置よりも外側にゴム糊を塗り貼り合わせる。

4.穴をあけた方の面から目打ちや菱目打ちを使ってもう片面に貫通させ、穴をあける。

1月18日は次週、高見澤先生不在のため、自習で各自進められるように 縫い方・断面の仕上げ方を見せていただきました。そして今回は終了。

Leave A Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です