お花と多肉植物のフェルトブローチづくり

フェルトのお花と多肉植物のブローチが出来ました!

近畿・東海地方はは統計史上1、2番目、例年より20日以上も早い梅雨入りとのこと。
ここ関東はまだですが蒸し暑い日が続いています。

今年の春は美しい花々が慌ただしく一斉に咲き瞬く間に散ったように感じます。
その後は道端や街路樹の隙間に草花がたくましく成長を続けています。
近付いて見てみると小さいながらもとてもきれいです(*^^*)

5月13日のワークショップはフェルトのお花と多肉植物を作りました。
担当スタッフはお花を見るのが大好きですが試作は不格好にしか作れないまま
当日を迎えました・・・

前半1コマ目は練習の時間にしました。
3センチ×8センチの長方形の厚紙を使って3種類の花を作りました。
フェルトに厚紙を載せチャコペンで形をなぞり、ハサミで切ります。

練習1

長方形のフェルトを真ん中から折り片側にグルーを付けると細い長方形になります。
そこにハサミで等間隔に切り込みを入れます。
うっかり切り落とさないように注意します。
櫛(くし)状に切れたら、グルーを付けながら端からきっちりと巻いていきます。

練習2
1と途中まで同じですが片側をグルーで固定せず、ゆったりと巻きながら
少しだけグルーを付けます。
ゆったりと巻くと、自然な内輪差が出来、素敵な仕上がりになります。

練習3
長方形フェルトの真ん中に縦に2か所切り込みを入れ、おでんの手綱こんにゃくのように
ねじります。
端にグルーを付け、少しずつ横に転がすとなんと!バラ風の形になります。

休憩時間を挟み2コマ目は練習したやり方で花を作り
台座付きブローチ金具に接着剤で貼り完成させることを目標にしました。

練習で作ったより大きくしても、複数個作っても、葉っぱを作っても良し、
メンバーさんに考えていただくことにしました。

※以下の作り方は希望者にのみデモンストレーションしました。

ギザギザに切れるピンキングばさみを使い、フェルトをらせん状に切ります。
端からグルーを付けながら、丁寧にひたすら巻いていきます。
円錐形のかわいい形が完成、緑で作れば多肉植物です!

6人のメンバーさんで4台のグルーガンを譲り合いながら完成を目指します。

皆さん、完成しました!!

“自分は大好きなバラを作った”、
“自分の洋服や持ち物に合いそうな花をイメージして作った”等々、
嬉しい感想をいただきました!

次回もご参加、お待ちしております♪